神倉 仁司

98‘日本体育大学卒
00‘フランス リッツエスコフィエにて料理全般を勉強
02‘ソムリエ資格取得
03‘ブーランジェリーブルゴーニュオープン(三越、D&Dなどに出店)
10‘レストラン ブルゴーニュオープン 現在に至る

実家が営むフランス料理店で幼少期を生活し、暮らしの中にごく普通にワインやチーズがありました。父の修行先、フランスの台所と言われるリオンのレストランでの食事に感銘を受け、料理の世界に本格的に入る。
パンとワインとチーズのマリアージュをコンセプトにしたブーランジェリーブルゴーニュをオープン。セミナー開催の中で毎月違うテーマでの料理を研究。ワインを極めるために2年間ソムリエの業務に没頭。2010年念願のレストランをオープン。
情報化社会の中、料理人の世界観が変わり、より料理の世界のグローバル化が進み、自分のアイデンティティを皿の上で表現できるシェフが世界でも注目されるようになっている。既存の枠組みにとらわれることなく、個人の内面を皿の上で表現していくのが今の料理だと考えています。

神倉 明子

92‘南山中高卒
97‘明治大学政治経済学科卒
00‘フランス リッツエスコフィエにて料理、ワイン、チーズを学ぶ
03‘ブーランジェリーブルゴーニュオープン(三越、D&Dなどに出店)
10‘レストラン ブルゴーニュオープン 現在に至る

数多くのセミナー開催の中で、食の巨匠ブリアサヴァランの研究に力を入れてきました。
食とは何か?楽しさ?生きていく中での大事なファクターであることに気がつきました。
歴史がどんどん変わっていく中で唯一変わらないものが食の楽しさではないでしょうか?
食事をする楽しさを現代人は忘れている気がします。古きよき時代の食文化を現代の形に変えチーズをテーマにネオクラシックな食文化を提唱していきたいです。
食べる事が大好きでこの仕事に付きました。ご来店していただくお客様にも気持ちよくお食事をしていただけるような空間創りを心がけてまいりたいです