1月6日は公現祭(エピファニー)と言って、東方の三博士がキリストの誕生を祝った日です。
ガレット・デ゙・ロワは王様のケーキと言われていて、この公現祭を祝って食べられるケーキで、ケーキの中にお人形が入っています。
それを当てた人がその日の王様!紙の王冠を被って王様気分に。
フランスでは1月いっぱい、お菓子屋さんやパン屋さんでこのガレットデロワを見かけることができます。

ガレット・デ・ロワとは

フランスではクリスマスが終わるとパン屋さんやお菓子屋さんに「ガレット・デ・ロワ」というお菓子が並びます。
これはキリスト教の公現祭にちなんだケーキです。
中にはフェーヴと呼ばれる陶器のお人形がはいっていて、切り分けたケーキの中からフェーヴが出てきた人が「王様」となり皆から祝福を受けるというものです。

公現祭とは

欧米の多くのキリスト教国では1月6日に「エピファニー・公現祭」をお祝いします。
これは幼子イエスへの東方の3博士の訪問と礼拝を記念するものです。
もともとイエス誕生の記念として12月25日を祝う習慣があり、
この日から1月6日までを降誕節として祝うようになりました。

どんなお菓子?

パイ生地でアーモンドクリームとカスタードクリームを包み込んでいるシンプルなお菓子です。お店によりこれらの配合は変わります。
このお菓子の中にフェーヴが入ったものを、ガレットデロワと呼んでいます。

フェーヴとは

    

もともとの意味はソラマメ。昔は乾燥のソラマメを入れていました。
そのソラマメの代わりに陶器のお人形が作られるようになりました。
フェーヴはいろいろな形があり、これを集めるコレクターも存在します。

1ホール 3,240円(税込)

お渡し期間 1月7日~31日まで

ファミリーパーティではとても盛り上げります♪1年の運だめしにいかがですか?